2007年08月16日

ピンピンコロリ

長年住み着いた家で永眠したいと願うのは何故でしょう。
数年乗った車を手放す時ですら愛着を感じて、寂しくなりますよね。

例えば子供の成長に合わして、部屋の柱に背丈を刻んでいる家族がいます。
新しい物が古くなる、傷が入る、これは自然の摂理です。

それを頑なに否定すればストレスがかかります。
それが、シミ、シワであっても同じ事と思うのです。

女性の意見を聞いて見ますと、シミやシワが増えるのと比例して化粧気がなくなりだす、
即ちアキラメの境地に入るとの事。

私が教える化粧では、マイナスを無視してプラスを引き出すのです。
キレイな瞳の持ち主が、目の傍のシミを気にしすぎて隠す事ばかりに力を入れ、
肝心な瞳の化粧を忘れてしまっているもったいない傾向があります。

年が行ってシミ、シワがひとつもないのは、お化けです。だから化けたがるって言われる。
男性側から見た女性の魅力は、ピュア(かわいい)な部分。

80才でもとてもピュアな方がいらっしゃる。薄化粧、でも程よいリップと頬紅がお洒落に入っている。
その方を見ているとその方自身の雰囲気にあったベストの化粧をされている事に気づく。

「どうしたら若く見える?」と質問されますが、1番は流行より、個性重視したあなただけにあった
化粧を見つける事です。

日本人のいけない所は、偏差値教育の弊害か?他人を比較して、合わそうとする癖、
また個性を非難する癖。

私がお願いしたいのは、気持ちを入替えて化粧を始めた女性に対して、回りがとやかく
「年甲斐もなく」「色目を使って」等と非難しないでもらいたい。

お婆ちゃんとお嫁さん、その娘、親子3代揃って、キレイに化粧してショッピング。
核家族の増える日本に今後必要な姿ではないでしょうか?

死ぬ直前までピンピン元気でいながらコロリ。
そんな人生って本当は一番シアワセなのかも知れません。
周りの人から、PPK運動です。ピンピンコロリです。



 写真は老健施設でのボランティアメイクアップ。



同じカテゴリー(化粧師秀執筆掲載記事)の記事画像
目は口以上にモノを言う
理想の眉メイクアップ
子供顔メイクアップ
貴方はどう見られたいか?
4つの心の窓
リップ色で年齢が読める!
同じカテゴリー(化粧師秀執筆掲載記事)の記事
 目は口以上にモノを言う (2007-08-22 21:30)
 理想の眉メイクアップ (2007-08-21 20:00)
 子供顔メイクアップ (2007-08-20 20:00)
 貴方はどう見られたいか? (2007-08-20 07:00)
 4つの心の窓 (2007-08-19 10:02)
 リップ色で年齢が読める! (2007-08-18 12:27)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。