2007年08月20日

子供顔メイクアップ

ふたつのイラストは同じ輪郭、同じパーツのある二つの顔をメイク方法の
違いによって出来上がったイラストイメージです。
わかりやすく子供顔と大人顔と名づけています。

優しい、可愛らしい、癒される、キュート、ほのぼのする、純情そう、
ナチュラル、健康的等など、言い表す言葉は沢山ありますが、子供顔のメイクは
以外と簡単でしかも効果大です。

目が離れ、下に下がる程、幼く見える効果を利用して、
●アイラインは瞳中心に挟み込み、
●アイシャドーも縦にグラデーション、瞳を囲む意識、
●眉は柔らかく、高さをとらず自然にし、短め、
●口は、口元中心だけにリップを少しつけ、グロスを重ねて手で口角までぼかす、
 決してラインを強調しない、おちょぼ口意識、
●チークは丸め、少々おてもやん意識

全体的に丸みを持たせ、ふんわりした感じ、化粧気を出さず、力まず、
引き算意識で、抜きを意識する。

ポイントは、アイライン、マスカラ、シャドーは、目尻や目頭にあえて引かない、
つけない、口角ラインはあえてかかない、等のあえてつけない引き算メイクが
以外なテクニックなのです。

メイクは顔全体の印象を大切にしないと台無しになるもので、
このサジ加減が非常に大切となります。

女性が自慢、自信を持っている100%完璧なメイクは、下手すると男性から見ると
不完全な出来栄えの悪いメイクにもとられがちなのです。

メイクはその人の顔印象をサポートするもので、化粧気が前に出ると台無しです。
3~4才の子供が、大人っぽくてセクシーで意地悪そうで冷たいイメージだったら
怖いですよね。以外と大人になった人が、アドケナサを意識したメイクをすると、
新鮮で可愛く、優しく見えるのです。

イラストの大人顔は、雑誌やTVでお馴染みのメイク方法かと思います。
大方の人は、アイラインは跳ね上げないと駄目と思っていたり、眉は高めに跳ね上げる方が
若いと思い、やたら長く跳ね上げようとする、リップもラインを強調して、口紅だけが前に
出すぎている場合がある、等、やりすぎると化粧による造作マスクの持つ、冷たさが
人に対して、キツイと言うイメージになりかねないのです。

もしキツイ、冷たいイメージを第一印象で持たれるようなメイクをされている人は、
試しに子供顔メイクをチャレンジしてください。
まわりからメイク変わった?と必ず言われるでしょう。



化粧師秀の独自若返りメイク法 商標登録済み「コミュニケーションメイク」
公式サイトでは、無料でメイクレッスン回覧出来ます。



同じカテゴリー(化粧師秀執筆掲載記事)の記事画像
目は口以上にモノを言う
理想の眉メイクアップ
貴方はどう見られたいか?
4つの心の窓
リップ色で年齢が読める!
メイクの名案は、明暗にあり!
同じカテゴリー(化粧師秀執筆掲載記事)の記事
 目は口以上にモノを言う (2007-08-22 21:30)
 理想の眉メイクアップ (2007-08-21 20:00)
 貴方はどう見られたいか? (2007-08-20 07:00)
 4つの心の窓 (2007-08-19 10:02)
 リップ色で年齢が読める! (2007-08-18 12:27)
 メイクの名案は、明暗にあり! (2007-08-17 13:47)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。