2012年03月02日

早いものであれから10年

【化粧は氣粧で氣笑する!】

化粧
それは
過去を隠すための
すべじゃなく  
未来の素顔を磨くための
”トキメキ”心のレッスン



10年前のあの頃の気持ち、初心にかえって今も思う。

独立してこの仕事を始めた頃、自分の化粧に対する考え方、ポリシーとして
お客様に、この詩を掲げて、こんな話しをしていました・・・

駆け出しの頃、ある有名なメイクアーティストが、こんな事を言ってたんです。
「私は、年寄りは汚いから、メイクはしない」 と ・・・

同じ美のサービスを提供しようとする者として、何て事を言う人だろうと、
耳を疑いました・・・ 
でも以外と美を追求しているこの業界では珍しい事でもなかったのです・・・

だからそれだったら僕が、真っ向からこの考えを変えてやろうと思ったのです。
僕自身もふるさと和歌山を、田舎者と言われた苦い経験を活かして(笑)・・・

高齢者の方々がいる老健施設に、ボランティアで化粧の普及に足を運びました。
今でこそ珍しくはないですが、当時、変わったことをする男がいると笑われました。
老人の財産目当てか? 等とも、よく冷やかされたものでした。

時代が過ぎ、いまや、美と健康をテーマに、高齢者の方々が心なく楽しめる時代
突入となってきているはずです。
メイクは、ファッションやクリエイティブな分野に限らず、メンタルケア、ヘルスケアの重要な
位置づけとしても活用され、さまざまな分野にも認知されつつあります。
メイクは、認知症予防に本当になるのです。

でも、まだまだ、ここ和歌山では・・・
この年で、化粧? 今さら化粧? 周りに笑われる? などと言われて
恥ずかしがられる人もまだいらっしゃいます。

しみ、しわ、そばかす・・・ 年齢を重ねれば、そら多少なりとも出てきます。
でも隠すことばかり気にしなくて良いんですよ。メンタル的にはシミッタレた顔をするな!です。
それを汚いって言う人がいたら、僕が許しませんよ(笑)

お顔の上のシミやしわのスクランブル交差点には、その方が今まで色々な道を踏ん張り
歩いて来られた、そんな人生の勲章みたいなモノが印されていると僕は大切に考えます。
だから胸を張って、自信を持ってほしいのです。まだまだこれからなのです。

だから貴方にあった素敵なお化粧をさせてもらいたいと思います。
こころおきなく、美を求めて、お洒落を楽しんだりしながら、明日の活力に
して欲しいと心から願っています。

化粧師秀の独自若返りメイク法 商標登録済み「コミュニケーションメイク」
公式サイトでは、無料でメイクレッスン回覧出来ます。




上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。