2008年03月08日

第一印象が良くなければ

今日は和歌山県庁職員のサークルの勉強会の一環として
”第一印象をアップさせるメイク法”なる講演会を行ってきました。

人間関係をスムーズに行かせるために、最低限必要なマナー・・・
それは第一印象に気を使い、相手に違和感や誤解を招かせないための
身だしなみや髪型、お化粧方法などです。

人は第一印象を、3~4秒間で、~そうな人だと感じ
3~4分ぐらいで、~の人だと決め付けてしまう傾向があります。

そしてその印象を決め付けてしまう三大要因は、
①視覚 ②聴覚 ③話の内容なのですが、
視覚が約80%をしめるそうで、いわゆる見た目で判断されていると言う
怖い事実を認識する必要があります。

そしてその第一印象は、3年間相手の頭に焼き付けられてしまい、
67%の人は、その印象がなかなかくつがえらないと言われています。

となると、人生=人と人の出会い
と考えると第一印象で相手に好印象を持ってもらう事はとても重要なことです。

第一印象で、好印象を持って頂ければこそ、だんだん好感度がアップされ
益々、好意、愛情へと、人間関係が深まると言うものです。
第一印象で、悪い印象の人には、次から近づきたくないのが本音ですから(笑)

そこで、簡単なメイク方法で、好印象になるポイントを列記しますが、
身だしなみ、服装、髪型など、トータルで考える必要があります。

①眉のお手入れ(眉頭は小鼻の延長より内にならない様に処理)
  
②目の周り(特に目の下のクマなど)を
  ファンデーションの色より明るいハイライトコンシーラーでパッと明るく。

③Tゾーン(特に眉頭と眉頭と鼻の一番低い位置を結んだ逆三角形の部分)を
  同上のハイライトコンシーラでパッと明るく。

④チークのフル活用
  チークはその人の血色を良くし、華やかさを演出します。
  頬を中心に広めに入れ、隠し味程度にアイホール、アゴ下、額、耳たぶ等にも。

⑤Tゾーンや目の下からこめかみに向かい、ハイライトカラーを
  ブラッシングして、目元中心から明るさがパッと出る様に、仕上げます。   



化粧師秀の独自若返りメイク法 商標登録済み「コミュニケーションメイク」
公式サイトでは、無料でメイクレッスン回覧出来ます。


同じカテゴリー(化粧師秀が思う事)の記事画像
50歳の化粧師が思うこと
2009年の思い
化粧は女性の生き方
カタチに残す事の大切さ!
性格磨きと言うメイクアップ法
生き方
同じカテゴリー(化粧師秀が思う事)の記事
 50歳の化粧師が思うこと (2014-07-28 00:41)
 2009年の思い (2009-01-02 13:13)
 化粧は女性の生き方 (2008-07-15 14:02)
 カタチに残す事の大切さ! (2008-05-31 11:14)
 性格磨きと言うメイクアップ法 (2008-04-16 13:50)
 生き方 (2006-11-17 17:08)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。