2007年08月20日

貴方はどう見られたいか?

長年自分の顔を鏡で突き合わしていても、以外と自分の顔輪郭やイメージ分析を
する事は少ないと思う。

何となく、回りから「子供っぽい」「キツイ印象を受ける」「おっとりしている感じ」
「冷たい印象を受ける」などと言われているうちに、自分の印象をそれなりに
決めてしまっているものです。

ところが、メイクの仕方によって、この印象をそれなりに変える事が出来るとなると、
第一印象による妙な誤解を避け、人間関係を円滑スムーズに出来るありがたい
そんなノウハウかもしれません。

最近、保険外交などの営業レディーや子供の将来を担う保育士、患者さんやご老人を
癒す立場にある看護士、ヘルパーさんなどからも講習会の依頼があり、一応に
「人に対して優しい印象を与えるメイク講座」の要望が多いのもうなずけます。
ギスギスした時代に、癒しブームが注目を浴び、女性のメイクにもその傾向が有るように
思われます。

そこで今回は、個々の顔を分析することをテーマに、大体のイメージを列記してみました。
物事には裏表があるように、プラスがあればマイナスも背中合わせにあります。
バランス良く考えて欲しく思います。

例えば、四角顔の方の全体印象は、しっかり者、プラスイメージは活動的、
マイナスイメージは勝気で頑固そう。

しっかり者・活動的印象を強調したい場合は、そのイメージをより大きく膨らませるために
四角顔を強調すればいいのです。

例えば、四角顔につり合うように眉もやや角やシャープさをつけ、全体的に直線ラインを
強調したメイクにすると一段としっかり・活動的になる訳です。

逆に勝気、頑固そうに見られたくない場合は、四角顔を目立たせないように、
角ばりを強調しない、例えば眉は柔らかく、丸みを持たす、目元も横にシャープにせず、
縦に丸みを持たす、チークやリップもあえて丸さを意識していくメイクをし、ヘアースタイルで
四角顔を強調しないようにすれば随分と効果は出ます。

メイクで特に重視して欲しいのは、眉と目元ラインです。
この二つの印象によって顔の持つ印象はとても変化します。
目力、眉力メイクと言われるようにこの二つのメイク方法をTPOに応じて使い分け出来れば、
自分でも驚く程の変身を遂げられる事でしょう。



化粧師秀の独自若返りメイク法 商標登録済み「コミュニケーションメイク」
公式サイトでは、無料でメイクレッスン回覧出来ます。



同じカテゴリー(化粧師秀執筆掲載記事)の記事画像
目は口以上にモノを言う
理想の眉メイクアップ
子供顔メイクアップ
4つの心の窓
リップ色で年齢が読める!
メイクの名案は、明暗にあり!
同じカテゴリー(化粧師秀執筆掲載記事)の記事
 目は口以上にモノを言う (2007-08-22 21:30)
 理想の眉メイクアップ (2007-08-21 20:00)
 子供顔メイクアップ (2007-08-20 20:00)
 4つの心の窓 (2007-08-19 10:02)
 リップ色で年齢が読める! (2007-08-18 12:27)
 メイクの名案は、明暗にあり! (2007-08-17 13:47)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。